2010年05月31日

W杯スペシャルのご案内。

CAN-News100531W杯特集.jpg
CAN-News100531W杯特集.pdf


もうじきサッカーW杯南アフリカ大会が開催されますね!

そこで!

キャンシステムでも更にサッカーを楽しんじゃうための
BGMを大特集しちゃいますよー!


6/8(火)〜7/15(木)
「NEW DISCダイジェストポピュラー」chにて
たっぷりとオンエアー!


日本代表の試合では欠かせないサポーターソング、サッカー番組で大人気の曲、
新旧のW杯のオフィシャル・コンピレーションからベストチョイスの選曲で
W杯開催期間中を盛り上げます☆


応援の際にはぜひ!このチャンネルをフル活用してみてください♪


あ〜日本代表、がんばってもらいたいです〜☆☆

posted by 編成部 at 16:07| 東京 ☁| Can News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

5/31〜6/6 キャンパワープレイ

CAN-News100528JPOP.jpg
CAN-News100528JPOP.pdf


5/31〜6/6のキャンパワープレイ!


まずは・・・。

YUIの新曲、「to Mother」。

YUIから大切な人へ・・・
涙なしでは語れないピアノが印象的なナンバー『to Mother』。
「母」はもちろん、あなたの心の中の「大切な人」に
贈って欲しい涙の名曲!
新たなYUIの代表作となる事間違いなし!


そして・・・。

Hilcrhymeの「ルーズリーフ」。

5thシングル「ルーズリーフ」が、
TBS系金曜22時ドラマ「ヤンキー君とメガネちゃん」
(4/23(金)スタート)の主題歌に決定!
Hilcrhymeにとって初ドラマ主題歌となる今作は、書き下ろしの新曲。
軽快なビートに重なるギターサウンドやベースサウンドなど、
いくつもの楽器が爽快に鳴る中で、
TOCのリリックがズバッと胸に突き刺さってくる名曲が誕生!


ぜひぜひリクエスト、お待ちしておりまーす★
ラベル:YUI Hilcrhyme
posted by 編成部 at 10:32| 東京 ☀| Can News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

ビルボードLIVE6月上旬@

CAN-News100527ビルボードロッカペラ.jpg
CAN-News100527ビルボードロッカペラ.pdf

CAN-News100527ビルボードレベル42.jpg
CAN-News100527ビルボードレベル42.pdf

CAN-News100527ビルボードセシリオ.jpg
CAN-News100527ビルボードセシリオ.pdf

CAN-News100527ビルボードカサンドラ.jpg
CAN-News100527ビルボードカサンドラ.pdf



ビルボードLIVE、6月上旬のお知らせ その1です。


今回は4組のアーティストのLIVEを一挙お知らせ★


1986年から活動を続けるニューヨークの人気ア・カペラ・グループ、ロッカペラ

ゴスペル/ドゥワップ/ジャズ/ロック/ハウスから
「いとしのエリー」、「オリビアを聴きながら」などジャパニーズ・ポップスのカヴァーまで、
あらゆるジャンルの曲を親しみやすいアレンジで聴かせる彼ら。
5オクターブの幅広いレンジと彼ら自慢のキャラクター・ヴォイス、
エンターテインメント精神溢れるハッピーなコンテンポラリー・ア・カペラの醍醐味を
ライブで存分に味わいたいですね!




ジャズ/フュージョンやファンクを上質なポップに昇華し、
80年代に「サムシング・アバウト・ユー」や「レッスンズ・イン・ラヴ」などのヒット曲を放った
UK出身のレベル42が初登場!

1979年に結成され、1981年に1stアルバム『Level 42』を発表。
当初はフュージョン色の強いサウンドを得意としていたが、
徐々にマーク・キングのベース&ヴォーカルを積極的にフィーチャー。
ファンクやソウルの要素を取り入れたサウンドと共にチャートを賑わせた。
1985年には「サムシング・アバウト・ユー」が全米トップ10に入るビッグヒット。
その後、1994年に解散し、マーク・キングはソロ活動を行っていたが、
2006年に再結成され、バンドでの活動を再開。
オリジナル・メンバーのマイケル・リンダップも復帰した、
待望のレベル42の貴重なステージを




“ノースショアの熱い息吹”セシリオ&カポノがビルボードライブにカムバック!

カラパナと共に、ハワイのコンテンポラリー・ミュージック・シーンを代表するグループ、セシリオ&カポノ。74年のデビュー作『セシリオ&カポノ』は日本でも大ヒット。
セシリオ・ロドリゲスとヘンリー・カポノによるヴォーカル・ハーモニーを中心とした
澄んだ美しいサウンドは、
ハワイ・西海岸から浸透しサーファーズ・ミュージックの定番として長く愛されてきた。
心地よいサウンドと、ハイ・クオリティなステージは、
AORやサーフ・ミュージック、そして海をこよなく愛する方まで必見!
爽やかで心地よいひとときを堪能!




ジャンルを超えたトップ・ヴォーカリスト=カサンドラ・ウィルソンがビルボードライブに初登場!

ディープなブルースと研ぎ澄まされたジャズの感性で歌い上げ、
ジャズ界のみならず、
あらゆるジャンルのミュージシャンやクリエーターたちからリスペクトを受けている。
1985年に『ポイント・オブ・ヴュー』でアルバム・デビューを果たし、
95年の『ニュー・ムーン・ドーターでグラミー賞の最優秀ジャズ・ボーカル・パフォーマンス賞を獲得。2001年には「タイム」誌でベスト・シンガーに選出され、絶賛を博してきた彼女。
第51回グラミー賞(2009.2)では、
『ラヴァリー〜恋人のように〜』が「ベスト・ジャズ・ヴォーカル・アルバム」を受賞し、
その健在ぶりをみせつけてくれた。
今回は新作からの楽曲の披露にも期待がかかる。
ますます深みの増した彼女のヴォーカルを是非ライブで体感したいですね。



ぜひぜひ足をお運びくださいね!!
リクエストもお待ちしております!!
posted by 編成部 at 15:26| 東京 ☁| Can News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。